知っておきたい!マンスリーマンションの本当の魅力とは?

マンスリーマンションの家賃は高い?

マンスリーマンションは一般的な賃貸契約とは違い、契約期間が短いマンションのことを言います。契約期間は通常年単位ですが、マンスリーマンションは月単位の契約になります。そのため、マンスリーマンションは、初期費用が安いことになりますね。普通、賃貸物件を借りる時には家賃の5ヶ月ぶんないしは6ヶ月分の初期費用を支払わなければなりませんが、マンスリーマンションの場合にはその半分以下で借りることが出来るのですね。ですが、家賃はやや高めに設定されているところがあります。

長期的に住むと安くなる?

マンスリーマンションも長期的に住むことで安くなります。例えば、マンスリーマンションの契約の中で、最初の1ヶ月目の家賃は6万円だとした場合、1年以上契約をすると5万5千円ぐらいに下がってくることがあります。マンスリーマンションもできるだけ長期的に住んでもらった方がオーナーにとって都合がよいという理由もあります。このように、1年から2年ぐらいの長期間住み続けるならば、マンスリーマンションを選ぶのも良いかもしれません。

住む上で注意をしたいこととは?

このように、マンスリーマンションは長期的に住むことでお得になるのは事実です。ですが、もともと短期滞在者のためにあるマンションです。そのため、隣の住人がしょっちゅう入れ替わり、安定しないことがあります。また、もともと審査が甘く保証人も必要としないため、外国人や保証人がいなくて断られた人などがそこに住んでいる可能性が高くなります。さらに、壁が薄いため、隣の家で酒盛りをしている場合やテレビの音などが漏れることもありますので、防音対策は必要になるでしょう。

マンスリーマンションは、家具や家電が備え付けてあるため、すぐに生活をはじめることができます。そのため、出張などで利用するととても便利に利用できます。